剣盾S29振り返り

 

初めまして。黒羽ラピッドと申します。

別記事で簡単な自己紹介をまとめていますので、良ければご一読いただければと思います。

→後で書こうと思ってましたが下の文章を書くのが想像以上に大変だったのでまた今度にします。ものすごく簡潔に書くと「30代前半、男、会社員、既婚、子供なし。もともと東方projectのイラストや同人誌描いてたけど、結婚してからは実質引退。昔からポケモン対戦には興味あって、半年前についに剣盾購入」って感じです。

 

  • はじめに

剣盾S29お疲れ様でした。私は21年10月に剣盾を購入し、11月のS24からランクマッチをやり始めました。そこから半年ほど経ちましたが、前期S29はおそらく今までで1番たくさん考察し、1番対戦数をこなしました。ある程度自分の中で手ごたえというか成長を感じられたので、記録として残したいと思い、この文章を書いています。

 

手ごたえがあったといいつつ、(初めて瞬間3桁をとれたものの)最終順位は4桁前半でした。ポケモン界隈を覗くようになって日が浅いですが、構築記事はだいたい最終3桁以内に入った結果として書かれることが文化となっているようです。「最終4桁は構築記事書いちゃダメなんですか?」「全然そんなことないよ」というやり取りも定期的に見かけますが、実際に記事になっているものは少ないように思います。

 

よく言われる「自分のパーティについて言語化し分析することで勉強になる」というのは事実だと思いますし、勉強のためでなくとも記念や面白ポケモンの自慢でもいいし、皆どんどん書いたらいいのではないでしょうか(もちろん構築記事を胸を張って書くために最終3桁目指す!ってのも全然いいと思います)。

 

しかし、結果を残せていないパーティを他の構築記事と並べられたり、見当違いなこと書いていないか不安になったり、単純に恥ずかしかったり…という気持ちはすごくわかりますし、実際私も今そんな気持ちです。なので予防線としてこの文章は「構築記事」ではなく「振り返り」ということにさせていただければと思います。

 

ブログ自体書くのが初めてなので読みづらいところがあるかもしれませんが、良ければお付き合いいただければと思います。

※軽い気持ちで書き始めたら全然書き終わらなくて絶望しています。だいぶ長くなりました。

 

  • 成績

最終(05/01):レート1753 1582位

最高(04/24):レート1773 831位

200戦 109勝 91敗

 

  • 使用構築

  • コンセプト

  1. スカーフダイナで相手ダイジェッターを上から潰す

  2. 型の読みづらいポケモンで相手の想定を崩す

※2は結果的にそうなっただけです。

 

  • 構築経緯

①出発点:アタッカームゲンダイナ

私がランクマッチをやり始めたときは既に禁伝環境だったのですが、初めからずっと使っているムゲンダイナで一度は結果を残したいと思っているので継続して使用。最速CSパワハメテビ型を長らく使用していましたが、ランドロス、サンダーなどにダイジェットから上を取られて腐ってしまうことが多々ありました。そこで一旦メテビ型は保留とし、ダイジェッター達へ復讐するためにスカーフを巻いて、抜いてると思って突っ込んできたところを上からしばくことに決めました。

②ザシアン受けにゴツメハッサム

ダイナがこだわる都合上引き先は必須で、特にメインウエポンを両方無効化する環境トップメタのザシアンの対策をしないといけません。ゴツメを持たせてザシアンに受け出せるポケモンはいくつかいますが、その中でも先制技+トンボ返りでの対面操作ができるハッサムを起用しました。

ダイマが強い禁伝枠として物理イベルタル

ムゲンダイナを使用する=もう1つの禁伝枠でダイマするということなので、ダイマして強いイベルタルを起用。ダイナが特殊だからというのもありますが、もとの性格が陽気だったのでミントを使わずずっと陽気最速物理型で使っています。ハッサムと並べて赤黒で統一感があり見た目がカッコいいです。ダイナが不利を取る日ネク、オーガ、ホウオウにダイマして殴り合えるのもポイント高いです。

カイオーガ対策にガマゲロゲ

上記3匹ではオーガが重たいので貯水枠を入れたいと思いました。ハピナストリトドンも考えましたが、型の誤認が誘えて強そうなガマゲロゲを起用しました。使うと決めてから改めてみると見た目もそんなに悪くない気がしてきました。貯水ゲロゲ入りの構築記事を色々探した結果、Bachin様の両刀毒まも型を真似させていただきました。

(→https://note.com/bachin/n/naeb074cc742e ※無断なので怒られたら消します)

 

************************************

ここまでの4体に襷エスバと赤紙を持たせたメタモンを適当に突っ込んでとりあえずランクマに潜り、何が足りていないか、何が重たいかを調査してみることにしました。結果、そこそこ勝てたりしたものの、練度不足のプレミや構築上の欠陥でいっぱい負けました。主な発見は以下になります。

  • メタモン+エスバで相手のザシアンの選出が抑制されハッサムが腐る

  • 日ネク、ゼクロム、ゼルネに積まれると止める手段がない

  • ダイジェットの通りが良すぎる

1ROMしかないので、ここでの負けの蓄積が最終結果に響いた可能性もありますが、ここで色々試して分析できたこと、練度をあげられたことで得たものも大きいと思っているのでこのシーズンはこれでよかったと思っています。

 

ザシアン日ネクディアルガに強そうなランドロスや受けループ対策にヒードランなども試しましたが、最終的に以下の2体を起用しました。

************************************

イベルタル、ジガルデに強く麻痺展開を抑制できるカプ・レヒレ

⑥ゼルネアスに絶対勝てるチョッキナットレイ

************************************

パーティの色が赤青紫で統一できそうでできなかったのが少し心残りですがこれはこれで綺麗だなと思っています。途中で致命的な欠陥に気付き、限界を感じていましたが、上記6体で最後まで潜っていました。

 

  • 個体紹介

1.ムゲンダイナ

もちもの:こだわりスカーフ

性格:ひかえめ

努力値:76-0-4-244-12-172

実数値:225-x-116-215-117-172

-----------------

上で書いた通り、メテビ型を使用していたときに、S上昇したあらゆるポケモンに上から殴られ、悲しみと憎しみに包まれたため、今回はスカーフでしばき倒すことにしました。実際スカーフは読まれにくく、目論見通りダイマックスした相手のポケモンを上からダイマ砲で2パンすることに結構成功したので概ね満足です。

 

[スカーフでしばいたリスト]

ランドロス(ダイジェット、岩封、地ならし、アースは無理)

・サンダー(ダイジェット、HBなら麻痺でも上取れた)

エスバ(ダイジェット)

ゼクロム(竜舞、ダイジェット)

イベルタル(ダイジェット、アークは無理、チョッキは無理)

ガブリアス(スケショ)

ガマゲロゲ(すいすい)

パルシェン(からやぶ)

メタモン(同速50%、ダイマ砲を50%で耐えるので実質75%で勝ち)

※もしかしたらこのリストを書くことがこの記事を書くことにした本当の目的のような気がしてきました。

 

ダイマ砲以外の技でこだわった状態で死に出しされると交代の間に竜舞やダイジェットでS+2になってしまうので注意が必要です。特にゼクロムはそのパターンで1度やられて学習したのですが、竜舞のタイミングでダイナを後出ししたらダイドラグーン打たれたり、そもそも耐久ぶりでワンパンできなかったりでそこまで思うようにはいかなかったです。

 

スカーフのメリットとしてザシアンの上を確定で取れている安心感があったものの、火炎放射で処理をするタイミングですでに石火圏内に入っていることもあり中々安定はしませんでした。巨獣斬+石火も耐えないので対面からはどのみち勝てません。「ダイマ砲読みでザシアンあと投げ」は何度もやられましたし、読めるタイミングもありましたが、基本は安易に交代読み火炎放射は選択せず、透かされてから後述のハッサムをザシアンぶつけて再展開するよう心掛けました。

 

毒技はヘドロ爆弾との選択ですが、先発対面したレヒレやゼルネをワンパンできる可能性が少しでも上がるヘドロウェーブにしました。メテビ型ならCをあげてハピラキを無理矢理突破する選択をすることもあるのでヘド爆の方がいいですが、スカーフ型は威力重視としました。

 

シャドボは相手の残りが黒バド+ザシアン、ザシアン+ドヒドなどのケースで意外と役に立つ場面がありました。黒バド相手は襷でもスカーフでも結局相手の攻撃を一発耐える必要があるので、自分のHPの減り具合と相手が嘶いているかどうか次第になります。

 

2.ハッサム

もちもの:ゴツゴツメット

性格:わんぱく

努力値:252-4-252-0-0-0

実数値:177-151-167-x-100-85

-----------------

ザシアンに100回以上後投げしてゴツメをぶつけました。ザシアンに対しては細かいダメージの積み重ねで処理していくことになるので、以下の計算を常に考えながら対戦していました。

・ダイナの放射:50~60%くらい

・イベルのイカサマ:60%前後

・イベルのアーク:50%弱

・バレパン:25%弱

・ゴツメ:16.7%

・トンボ返り:5%

ワイルドボルトの反動

インファイトのBDダウン

 

ザシアンに後投げした後、基本は相手の交代読みでトンボ返りを打ちますが、インファ×2や炎牙で落ちるのでバレパンを打つのが正解の場面もあり、結局択でした。バレパンを打ってサンダーやイベルタルが出てくると後出しできるポケモンがいないので、ハッサムを捨てることになってしまいます。ここの択の結果が試合の勝敗に直結することが多かったのでかなり難しかったです(特にザシアンが剣舞持っている場合)。

 

ザシアン入り以外には相手の壁展開が見えるときやゼルネ入りのときに少し出しましたがうまく噛み合いませんでした。ムゲンダイナのおかげで相手の黒バドがスカーフかどうかわかるので、サイコショックでこだわってるときに受け出しができたりしました。

 

ザシアン以外にミミッキュやジガルデ、ドラパルトなんかと殴り合う場面がありましたが、急所や乱数など紙一重で勝てないことが多く悔しい結果となりました。Aに少し振ったら違ったんでしょうが、耐久は削りようがないので仕方ないです。

 

3.イベルタル

もちもの:命の珠

性格:ようき

努力値:4-252-0-0-0-252

実数値:202-183-115-x-118-166

-----------------

ダイマすれば圧倒的な破壊力で相手のパーティを半壊させる最強ポケモン。だいたいの禁伝と打ち合えて、最悪相打ちにできることが多かったです。ムゲンダイナと組んでいるイベルタルはだいたい物理であることが多いような気がしますが、特殊と思われることも多く、光の壁から貼られたり、受け出してきたハピラキポリ2ブラッキーなどをダイジェットダイアークであっさり崩したりすることもありました。

 

当然ですがザシアンに弱く、ダイジェットを積んでいない状態で相対するとあっさりやられるので、試合運びに注意する必要がありました。うまい人たちは特に意識せずやっていることかと思いますが、このシーズンイベルタルを使い続けることで「相手を引かせて積む隙を作る/見つける」という動きがようやく実感できたように思います。

 

技はザシアンに一番ダメージの入るイカサマ、ダイジェット媒体のダブルウイング、バンギラス、ゼルネアスに打つ鋼の翼、ダイウォール媒体+起点回避の挑発。

 

鋼の翼は不意打ちと入れ替えながら使っていましたが、正解はないかと思います。ダイナがバンギラスで止まってしまうのと、イベルを受けに意気揚々と出てきたバンギラスにダイスチルぶち込むのが楽しいので鋼の翼を採用しています。不意打ちがないせいで黒バドやザシアンが赤ゲージまで削れているのに勝てないという非常に悔しい思いをすることになります。バンギラスと3連荘で遭遇して不意打ちを鋼の翼に変えた途端全く当たらなくなるのやめて欲しい。

 

日ネクに竜舞積まれるとイベルタルで処理できなくなる(ダイロックでもダイスチルでもきつい)ので、先に展開するように途中から意識していましたが、そこまで練度をあげられませんでした。日ネクは本当に苦手です。あの化け物出禁にしてほしい。

 

4.ガマゲロゲ

もちもの:食べ残し(フィラ→オボン→食べ残し)

性格:なまいき

努力値:212-4-92-4-196-0

実数値:207-116-107-106-132-82

-----------------

前述の通り、Bachin様の両刀毒まも型を真似させていただきました(調整が微妙に違っているのは他の構築記事と間違えた可能性があります…)。カイオーガに強いのはもちろんのこと、相手の受けポケモンに対して物理特殊毒々と色々と器用なことが出来ました。

 

イベルタルと同時選出をするとダイマを切りづらいのですが、途中でザシオーガにはダイマを切った方が強いと発見してからはその選択も常に考えるようにしていました。ダイマするとすいすいに見えるのか、オーガやパルキアによく水技を打たれました。

 

実際のところ、ムゲンダイナの起点になったりムドーのボディプレで打ち負けたり、そこまで活躍させることはできませんでした。私の理解が足りなかったのと構築に合っていなかったのか…心残りが結構あります。

 

5.カプ・レヒレ

もちもの:こだわり眼鏡

性格:ひかえめ

努力値:252-0-0-252-0-4

実数値:177-x-135-161-150-106

-----------------

HC特化の眼鏡レヒレ。ザシアンにこそ弱いものの、通りのいい波乗りを眼鏡の火力で打つことで相手のパーティを半壊させることもあり、そこそこいい活躍ができました。

 

相手のイベルタルに致命的なダメージを与えられる他、ホウオウ&ジガルデ構築にこちらのイベルタルが役割集中しやすいのでその負担軽減ができました。眼鏡の最大の利点は後出しで出てくる日ネク、ザシアンに対して波乗りが半分以上入ることで、相手のプランを崩すことが出来たと思っています。

 

あらゆるところから飛んでくる電磁波を防げるのが一番強かったですが、こちらのイベルタルミストフィールドの恩恵を受けられないことを忘れるという凡ミスを2回くらいしました。

 

あとはムゲンダイナのダイマ砲とのシナジーは悪いので、なるべく同時選出しないように最初は意識していましたが、めちゃくちゃ同時選出しました。でもターン管理は意外と何とかなっていたと思います。

 

6.ナットレイ

もちもの:突撃チョッキ

性格:しんちょう

努力値:252-172-0-0-84-0

実数値:181-136-151-x-161-26

-----------------

以前から使っているお気に入りの型。ジオコンのタイミングでゼルネに後出しして、相手の攻撃を耐えて返しのジャイロで倒せます。上で「絶対勝てる」と書きましたが流石に相手だけダイマしてると怪しいです(C+2気合玉=確定2、C+2ムンフォ乱3(98.9%)、C+2ダイフェアリー乱2(24.6%))。

 

ゼルネ以外にも地ならしでゼクロムや日ネクの竜舞を妨害できるのが偉いところで、上さえ取られなければそれぞれダイナイベルで上から倒せました。黒バド、白バドにも一応撃ち合えますし、不一致特殊炎技なら1発耐えたりできるので選出して腐ることは少なかったように思います(サンダーの熱風耐えたところであまり意味はないですが)。ザシアンのインファ、炎牙は無理です。

 

補完枠として起用しましたが、ハッサム弱点もろ被り、ゲロゲと役割被り気味(オーガ対策枠)なのでこのあたりをもう少し煮詰められたらよかったのかなと思います。

 

  • 選出

基本選出:  

 

相手の禁伝次第でだいたい以下のような感じでした。

 → :絶対選出 :できるだけ選出

 → orを選出するが、たまにオーガを切ることもありました。

 → :できるだけ選出 でも可

 → ほぼ +  + 

 → :できるだけ選出 でも一応可

 → or必要

 →  +  :できるだけ選出

 →  + :できるだけ選出

 → :絶対選出 :できるだけ選出

 

  • きつかった相手、構築の問題点

剣舞ザシアン(致命的)

→ダイナが相手の初手ダイマと打ち合って石化圏内まで削れたあと、ハッサム交代際に剣舞を積まれると止まりません。イベルに不意打ちを入れようとした理由ですが、途中からはその動きをされたら諦めました。それ以外のザシアンも結局のところハッサムでうまく処理できなければ崩壊するので、構築単位でザシアンを舐め過ぎです。イベルダイナの構築はやはりメタモン必須なんだろうなと思いました。

・サンダー(致命的)

→上記のザシアンとサンダーでうまくサイクルされてサンダー/ハッサム体面を作られたら崩壊します。そもそも構築全体のダイジェットの通りが良すぎるのも冷静に考えて頭おかしいです。

 

・白キュレム

クロスフレイムフリーズドライで全員が弱点を突かれます。凍る確率が体感5割以上なので無理です。こだわってればワンチャンないこともなかったですが。

 

テッカグヤ

→ダイナの火炎放射かイベルのダイマをタイミングよく打てないとやどみがが突破できません。

・受ループ

→対策が不十分です。特にブルル入りが無理。

 

※ほかにも色々ありますが、文章を書くのに疲れたのでいったんここまで。

 

  • 感想

今月はたまたま残業が少なく、ポケモンに宛てる時間がそれなりに取れたためガッツリ潜ることが出来ました(奥さんには全然構ってくれない!と愚痴を言われますが)。最終3桁には届きませんでしたが、個人的にはポケモン対戦に関して色々と発見があり少し自信のついたシーズンでした。

 

ポケモン対戦をする目的は何か?」と考えたとき「楽しいから」という回答にはなりますが、具体的にどのようなモチベーションでランクマに潜るかは考えていかないといけないなと思います。もともと過去世代からニコニコ動画YouTubeポケモン対戦を見てきた人間なので、私の場合は「自分も他の人と対等にポケモン対戦したい!」というのが出発点になるかと思います。そういう意味では、マスボ級でそこそこ勝ったり負けたりして楽しめている時点で当初の目標は達成されていると言えます。

(余談ですが、大学生の頃にペンタブに出会わなければポケモン対戦実況者になろうとしていました。今はもう微塵もそんな気はないですが。)

 

だからと言ってそれで満足かと言われればそうではなく、「上があるなら上を目指したい」「より高いレベルで対戦を楽しみたい」といった気持ちも出てきています。そもそも負けず嫌いな性格ではあり、今回最終3桁に手が届きそうで届かなかったことに悔しさを感じています。「対戦での勝ち負けにストレスを感じるくらいならやらない方がいい」という考えは持っておきたいなと思いつつ、当面やる気はあるので、引き続き来シーズンも頑張っていきたいと思います。

 

最後になりますが、最近Twitterの方でポケモン勢の方々を(無言で)フォローさせてもらっています(フォロー返してくれた方、ありがとございます)。若い人が多い印象がありますが、パパポケ勢の方も全然少なくなく、皆さんポケモンが好きなんだなぁと思いました。この年になって新しいコミュニティに入っていくのもなかなか敷居が高いので積極的に絡みにいくのは気後れしてしまうのですが、よろしければ仲良くしていただければと思います。

 

というかポケモン対戦考えること多過ぎて難しいので教えてください。上記記事を読んで構築自体ついてやそもそも考察の仕方のアドバイス等あれば是非…!